【受付中】2024/5/17(金)「キッチンミノルの写真教室@往来堂」テーマ:「料理の写真」

イベントのお申し込みは店頭またはこちらのページから

【場所】往来堂書店(東京都文京区千駄木2-47-11)

【日時】2024年5月17日(金) 19:30-21:00

【料金】2500円(税込)

【概要】

今回のテーマは「料理の写真」です。
一眼でもスマホでも、写真を撮る方ならどなたでもご参加いただけます。
ぜひぜひお気軽にどうぞ!

今後の写真教室のテーマ
*人物

※『キッチンミノルの写真教室』(筑摩書房)を読んでいなくても問題なくご参加いただけますが、読んでから参加するとより理解度が増します。
※ご参加者から事前に、キッチンミノルさんへのご質問と添削してもらいたい写真を募集します。時間の都合上すべてに触れることはできないかもしれませんが、可能な限りお答えします。ご購入後にダウンロードできるWebチケットにリンク・QRコードがございますのでそちらからお送りください。

【注意事項】
・ご購入後のキャンセルは原則不可となっております。万が一都合が悪くなってしまった場合は、お早めにご連絡いただきますようお願いします。
・天災、事故、その他予期せぬトラブルによって、延期/中断/中止する可能性がございます。出演者、主催者の都合により開催中止となった場合は、払い戻し対応いたします。

【受付中】2024/4/26(金) 『じょっぱりの人――羽仁もと子とその時代』(婦人之友社)刊行記念トークイベント 「“じょっぱり”もと子は止まらない」

イベントのお申し込みは店頭またはこちらのページから!(新刊『じょっぱりの人』とセットの場合はこちら)

【日時】2024年4月26日(金) 19:30-21:00(開場:19:00)
【会場】千駄木 往来堂書店(東京都文京区千駄木2-47-11)
【出演】森まゆみさん、雪山香代子さん(婦人之友編集部)
【料金】2200円・新刊『じょっぱりの人』(3,300円)とセットの場合は4,400円
【定員】20名

羽仁もと子という明治、大正、昭和を生きた女性がいる。明治30年代、草創期の女性新聞記者となった。夫・羽仁吉一と協力して、今に続く雑誌『婦人之友』を創刊した。家計簿を考案し、全国の家庭経営を合理化した。大正10年、「生活即教育」をモットーとする自由学園を起こし、教育者となった。近代女性史に大きな足跡を残した。7歳年下の夫と添い遂げ、特段、恋愛遍歴もない。伝記を書くにはなかなか難しい……。     (前書きより)

「でも書き始めたら、とても面白い人だったんです」という著者の森まゆみさんが、本書の刊行を記念して、婦人之友の担当編集者と、猪突猛進もと子の“じょっぱり”な魅力を語り合います。

【受付中】2024/4/19(金)「空犬の読書会@往来堂書店 科学と文学の間に」 課題作品:高山羽根子『首里の馬』(新潮文庫)

イベントのお申し込みは、店頭またはこちらのページから!

【会場】往来堂書店(東京都文京区千駄木2-47-11)

【日時】2024年4月19日(金) 19:00-20:30(開場18:30)

【参加費】1500円

【定員】12名

【ナビゲーター】空犬太郎さん
編集者・ライター。共著に『定本 本屋図鑑』(夏葉社)、『ぼくのミステリ・クロニクル』(国書刊行会)。往来堂書店のフェア「D坂文庫」にも参加。

【課題作品】高山羽根子『首里の馬』新潮文庫
https://www.shinchosha.co.jp/book/104431/
2020年度上半期、第163回芥川賞受賞作。「この島のできる限りすべての情報を守りたい―。いつか全世界の真実と接続するように。世界が変貌し続ける今、しずかな祈りが胸にせまる」(「BOOK」データベースより)。

○ナビゲーター・空犬太郎さんよりコメント
1つのジャンルにこだわらず、横断的に活躍する作家がいます。SFの賞でデビューし、2020年に芥川賞を受賞した高山羽根子もそうした書き手の一人。今回はその芥川賞受賞作を取り上げます。「資料館」「情報」「馬」など、深読みを誘うキーワードがいくつも登場する、沖縄を舞台にした奥の深い、読み解きがいのある作品です。

【終了】2024/4/12(金) 小説と随筆のあいだ――『長い読書』ができるまで 『長い読書』(みすず書房)刊行記念トークイベント

イベントのお申し込みは店頭またはこちらのページから!(配信参加はこちら

【日時】2024年4月12日(金) 19:30-21:00(開場:19:00) 終了しました
【会場】千駄木 往来堂書店(東京都文京区千駄木2-47-11)
【出演】島田潤一郎さん、河波雄大さん、笈入建志
【料金】2200円
【定員】20名

吉祥寺のひとり出版社「夏葉社」代表の島田潤一郎さんによるエッセイ集『長い読書』が、4月16日にみすず書房から刊行されます。
刊行までに4年をかけたという渾身の一冊。本書の刊行を記念し、発売4日前に「トークイベント+先行販売」を行います。
 
本書の編集を担当したのは、みすず書房で往来堂書店の営業担当をしている河波雄大さん。
これまで「公開書店営業」などでも本の魅力を語ってきた同氏とともに、本書ができあがるまでの経緯と、エッセイの魅力について語り合います。
ぜひ、ふるってご参加ください。

【終了】2024/3/17(日)「本屋の青空」定有堂書店の43年間の奇跡 『町の本屋という物語 定有堂書店の43年』(作品社)刊行記念トークイベント

イベントのお申し込みは店頭またはこちらのページから!

【日時】2024年3月17日(日) 19:00-20:30(開場:18:30)
【会場】千駄木 往来堂書店(東京都文京区千駄木2-47-11)
【出演】三砂慶明さん、笈入建志
【料金】2500円
【定員】20名

ちいさな町の本屋が、なぜ地域の文化拠点になれたのか?

鳥取に定有堂書店という町の本屋がありました。
本屋が本好きが集まる場所であり続けるために、何が必要なのかを考え、実践し続けました。
定有堂書店は、今でこそ珍しくはありませんが、全国の書店で実施されている読書会やフリーペーパーといった取組みの先駆的な存在でした。
本の陳列方法も独特で、「雑誌」や「文芸書」といった書店の分類ジャンルや本のサイズではなく、本の中身やテーマで本棚を編集する「文脈棚」の源流としてもよく知られ、何より往来堂書店の「往来」の由来は、定有堂書店とも深い関わりがあります。

本書の刊行を記念して、編集を担当した読書室の三砂慶明さんと、往来堂書店の笈入の二人で、「本屋の青空」、「人文書でおともだち」、「本のビオトープ」などの奈良さんの言葉から定有堂書店の魅力に迫ります。

<プロフィール>
三砂慶明(みさご よしあき)
「読書室」主宰。
1982年、兵庫県生まれ。株式会社工作社などを経て、梅田 蔦屋書店の立ち上げから参加。現在は、TSUTAYA BOOKSTORE 梅田MeRISE勤務。
著書に『千年の読書──人生を変える本との出会い』(誠文堂新光社)、編著書に『本屋という仕事』(世界思想社)。編者として2023年4月18日に閉店した定有堂書店の奈良敏行さんの著書『町の本屋という物語 定有堂書店の43年』(作品社)を担当。 

【終了】2024/3/15(金)「キッチンミノルの写真教室@往来堂」番外編:「みんなの写真アドバイス大会!」

イベントのお申し込みは店頭またはこちらのページから!

【場所】往来堂書店(東京都文京区千駄木2-47-11)

【日時】2024年3月15日(金) 19:30-21:00

【料金】2500円(税込)

【概要】
今回は番外編、「みんなの写真アドバイス大会!」です。参加者の皆様の撮影したお写真を事前にお送りいただき、キッチンさんに添削をしていただきながら、みんなであれこれおしゃべりします。客観的な視点で写真を見てもらうのも、人の作例を見ながら「どうやったらもっと良くなるんだろう……」と考えてみるのも、貴重で楽しい経験ですよ。見学のみでのご参加も可能です。ぜひお気軽にご参加くださいませ!

今後の写真教室のテーマ
*料理
*人物

※『キッチンミノルの写真教室』(筑摩書房)を読んでいなくても問題なくご参加いただけますが、読んでから参加するとより理解度が増します。
※ご参加者から事前に、キッチンミノルさんへのご質問と添削してもらいたい写真を募集します。時間の都合上すべてに触れることはできないかもしれませんが、可能な限りお答えします。ご購入後にダウンロードできるWebチケットにリンク・QRコードがございますのでそちらからお送りください。

【注意事項】
・ご購入後のキャンセルは原則不可となっております。万が一都合が悪くなってしまった場合は、お早めにご連絡いただきますようお願いします。
・天災、事故、その他予期せぬトラブルによって、延期/中断/中止する可能性がございます。出演者、主催者の都合により開催中止となった場合は、払い戻し対応いたします。

【終了】「空犬の読書会@往来堂書店 科学と文学の間に」 vol.2

イベントのお申し込みは店頭またはこちらのページから!

【日時】2024年2月16日(金) 19:00-20:30(開場18:30)

【会場】往来堂書店(東京都文京区千駄木2-47-11)

【参加費】1500円(税込)

【定員】12名

【ナビゲーター】空犬太郎さん
編集者・ライター。共著に『定本 本屋図鑑』(夏葉社)、『ぼくのミステリ・クロニクル』(国書刊行会)。往来堂書店のフェア「D坂文庫」にも参加。

【課題作品】池澤夏樹「スティル・ライフ」(中公文庫『スティル・ライフ』所収)
https://www.chuko.co.jp/bunko/1991/12/201859.html
「科学と文学の新しい親和」……文庫版の解説にそのようにうたわれた、今回の読書会のテーマにぴったりな青春小説の傑作です。芥川賞受賞作。

○ナビゲーター・空犬太郎さんよりコメント
自身も類い希な文章家として知られる須賀敦子が本書文庫版の解説で「この分断された世界(註「まったく別々のものとして考えられるようになった」文学と科学のこと)の傷口を閉じ、地球と、地球に棲むものたちへの想いをあたため、究極の和解の可能性を暗示するかのようである」と評した池澤夏樹の作品世界。文学と科学の幸せな融合がはたされた作品世界を一緒に味わいましょう。

○課題作品は短篇・中篇となります。収録されている本に他の短篇・中篇が掲載されている場合、それらは未読でもかまいません。
○課題作品は読んでから参加いただくのが基本ですが、時間がなくて読めなかった、読んだけどよくわからなかった、という場合でも、気軽にご参加ください。 

【終了】「理不尽と同調圧力の扱いかた」出演:高瀬隼子さん、大前粟生さん

イベントのお申し込みは店頭またはこちらのページから!

【日時】2024年2月9日(金) 19:30-21:00(開場:19:00)

【会場】千駄木 往来堂書店(東京都文京区千駄木2-47-11)

【出演】高瀬隼子さん、大前粟生さん

【料金】会場:2200円+チケット送料/配信:1500円(税込)

高瀬隼子さんが、大前粟生さんの新刊の推薦文を書いた縁をきっかけに、意外にも(?)「はじめまして」のトークイベントをおこないます。
高瀬さんは愛媛県、大前さんは兵庫県、と出身地は異なるものの、大学時代を京都で過ごし、現在は東京在住、という共通点もある同年代のお二人。本イベントでは、そんなお二人に、新刊を中心にお互いの作品についての印象や、京都から東京へ、場所による作品への影響など創作論にまつわるお話、そして、偶然にもパンデミックが新作に登場することからコロナ禍の三年について、などをお話しいただきます。
日常生活で生まれる「心のざわめき」を作品に昇華してきた二人の小説家による注目の対談です。

高瀬隼子(たかせ・じゅんこ)
1988年愛媛県生まれ。東京都在住。立命館大学文学部卒業。2019年「犬のかたちをしているもの」で第43回すばる文学賞を受賞しデビュー。2022年「おいしいごはんが食べられますように」で第167回芥川賞を受賞。著書に『犬のかたちをしているもの』『水たまりで息をする』『おいしいごはんが食べられますように』『いい子のあくび』『うるさいこの音の全部』がある。

大前粟生(おおまえ・あお)
1992年、兵庫県生まれ。2016年、「彼女をバスタブにいれて燃やす」が「GRANTA JAPAN with 早稲田文学」の公募プロジェクトにて最優秀作に選出され小説家デビュー。20年刊行の『ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい』によってジェンダー文学の新星として注目を集める。同作は23年に英語版の刊行、金子由里奈監督による映画化を果たし、国内外に反響を広げている。21年、『おもろい以外いらんねん』で第38回織田作之助賞候補。22年刊行の『きみだからさびしい』は、価値観が多様化する現代の恋愛を繊細に描いていると各メディアで話題に。他の著作に、『回転草』『柴犬二匹でサイクロン』『死んでいる私と、私みたいな人たちの声』がある。

『め生える』あらすじ
「みんなはげてしまうならいい。一人残らず、一本も残さずに」
髪の毛が根こそぎ抜ける感染症は、いつしか中高生以下を除く全ての人がはげる平等な世界に変えた。
元々薄毛を気にしていた真智加は開放感を抱いていたのだが、ある日、思いがけない新たな悩みに直面し、そのことが長年友情を培ってきたテラとの関係にも影響が及ぼしそうで…。
同じく、予想外の悩みは、幼少期に髪を切られる被害にあった高校生の琢磨にもある。それは恋人の希春と行った占い師のお告げがきっかけだった…。

『チワワ・シンドローム』あらすじ
ある日、知らない間に“チワワのピンバッジ”がつけられていたという呟きがネットに溢れた。その数、なんと800人以上! 琴美の想い人も被害者のひとりだった。〈チワワテロ〉と呼ばれるこの奇妙な事件の直後、彼は姿を消してしまった――。どうして彼は姿を消したの? 琴美は、親友で「全肯定インフルエンサー」のミアとともに、彼の失踪とチワワテロの謎を追いはじめる。炎上時代の本音に迫るリアルタイムストーリー

【注意事項】
・ご購入後のキャンセルは原則不可となっております。万が一都合が悪くなってしまった場合は、お早めにご連絡いただきますようお願いします。
・天災、事故、その他予期せぬトラブルによって、延期/中断/中止する可能性がございます。出演者、主催者の都合により開催中止となった場合は、払い戻し対応いたします。

【終了】「キッチンミノルの写真教室@往来堂」第二回  テーマ:「構図・アングル」

イベントのお申し込みは店頭またはこちらのページから!

【場所】往来堂書店(東京都文京区千駄木2-47-11)

【日時】2024年1月26日(金) 19:30-21:00

【料金】2500円(税込)

【概要】
今回は構図とアングルです。
構図とアングルを知るだけで視点が広がり、ググッと写真が変わります。
被写体をより理解することができます。
そして、どんなカメラでも通用する技術でもあります。
基本を知れば、自ずと応用もできるようになるので写真表現の幅を広げてみませんか?
今回だけ参加でも問題なく理解できる内容ですので
普段気軽に撮っているだけの方にも気軽に参加していただけたらうれしいです。
お待ちしております。

今後の写真教室のテーマ
*構図・アングル(今回)
*料理
*人物
*写真の見方(添削メイン)

※『キッチンミノルの写真教室』(筑摩書房)を読んでいなくても問題なくご参加いただけますが、読んでから参加するとより理解度が増します。
※ご参加者から事前に、キッチンミノルさんへのご質問と添削してもらいたい写真を募集します。時間の都合上すべてに触れることはできないかもしれませんが、可能な限りお答えします。ご購入後にダウンロードできるWebチケットにリンク・QRコードがございますのでそちらからお送りください。

【注意事項】
・ご購入後のキャンセルは原則不可となっております。万が一都合が悪くなってしまった場合は、お早めにご連絡いただきますようお願いします。
・天災、事故、その他予期せぬトラブルによって、延期/中断/中止する可能性がございます。出演者、主催者の都合により開催中止となった場合は、払い戻し対応いたします。